ミントC!Jメール評判口コミ 実は人妻が最も多い出会い系サイト

mint_5

ミントC!Jメールは出会い系の中でもかなりの歴史を誇るサイトです。

そのため、利用ユーザの平均年齢もやや高く、落ち着いた年代の女性が多いことが特徴です。

当然人妻もかなり多く、私ジュンジが想像するに恐らくは出会い系サイトの中で最も人妻に会える確率が高いと思います。

 

ミントC!Jメールの特徴と人妻と出会いやすい理由

ミントC!Jメールは出会い系サイトとしては最長の15年の歴史を誇り、延べ利用者数は450万人を超えています。

競合サイトとしては、ハッピーメールやイククル、PCMAXなどがあります。

他の出会い系サイトと同様に、幅広い年齢層にひらかれてはいるのですが、サイトの作りを見るに明らかに人妻をターゲットにしているきらいがあります。

 

まず、こちらはミントC!Jメールの機能の1つである「メル友恋愛掲示板」ですが、カテゴリが3つと少なく、その中の1つにミドルエイジという項目があります。

mint_0

普通の出会い系サイトは、もっと若者向けの選択項目を設けているものですが、3つしかない内の1つをミドルエイジにするあたりに、ミントC!Jメールのターゲット層が垣間見れます。

 

続いてこちらは「アダルト出会い掲示板」です。

mint_1

こちらを書き出してみましたが、

・今すぐあそぼっ
・Hな出会い
人妻の誘惑
・アブノーマル
・ミドルエイジアダルト
・全国アダルト掲示板

何と!、「人妻の誘惑」というド直球な掲示板があります!

ミドルエイジアダルトも実質同じような話ですので、いかにミントC!Jメールが人妻をアピールしているかが分かります。

私ジュンジは色々な出会い系サイトを利用してきましたが、ここまで人妻を前面に押し出したサイトはミントC!Jメールだけです

 

ミントC!Jメールで出会える人妻の特徴

ミントC!Jメールを実際に使ってみて感じたことですが、ミントC!Jメールで出会える人妻はかなり幅が広いです。

15年の運営暦があるので、年齢が高めの熟女ユーザが多いかと思いきや、20歳前後の若妻や30代の丁度良い年齢の人妻もいます。

新しい利用者がどんどん登録するので自然と人妻の年齢層も分散されているのでしょう。

 

私ジュンジのイメージでは実際に出会いやすいのは30代~の人妻ですね。

20代だとある程度こちらのルックスを見てくることも多いのですが、30代以降は多少話が合えばすぐに出会ってくれる人妻が多いです。

 

街中で宣伝されていることを確認

出会い系サイト全般にいえますが、サクラが少ないかどうかがポイントになります。

判断の指標は「街中で宣伝されている」です。

と言うのも、出会い系サイトの中には全く宣伝をしていないものがありますが、こういった場合は素人女性が集まりません。宣伝され人目につかなければ登録自体がなされませんので、当然ですね。宣伝されていないサイトは、結局はほとんどがサクラで構成されています。

一方のミントC!Jメールは街中でかなり宣伝をしています。

例えば、以下は福岡の中洲にある宣伝です。イメージキャラクター:ミン太君を用いて大々的に宣伝しています。

mint_2

あとは、宣伝カーも積極的に用いていますね。スピーカーで音声を流しながら走っておりかなり人目を引きますので、これを見た登録者も多いようです。

mint_3

ミントC!Jメールで人妻と効率的に会う方法

ここまで好条件が揃っていれば、ミントC!Jメールに登録すればすぐにでも人妻とエッチできそうですが、あまり焦らない方が良いです。

と言うのも、人妻は家庭を持っている人なので、軽はずみな方法は取りません。

最初に掲示板などの書き込みを読んでメッセージを送ったら、後は何度もやり取りをして信頼関係を深めていく必要があります。

私の知り合いを見ていても、登録して即日会おうとして相手にドン引きされている人が多いです。若い娘と異なり人妻は慎重ですから、例えば1ヶ月~程度時間をかけてじっくり攻略していく方が良いでしょう。このあたりがしっかりできるかどうかで、出会い系での成功率が大きく上がります。

 

ただ、怖いくらい積極的な人も多いので、何だかんだで早期に出会えはします。

例えば、こちらは私のプロフィールを先ほど見てくれた女性です。

mint_4

今回は熟女ですが、この方はメッセージを送ると即効で会う約束を迫られました。逆にちょっと引いてしまった、というケースです(笑)

 

登録方法

ミントC!Jメールの登録方法ですが、公式サイトから簡単に行うことができます。

以下のボタンを押すと公式サイトが開きますので、是非とも楽しい時間をお過ごし下さい!

ミントC!Jメールなお、登録は分かりやすく紹介している動画がありましたので、参考にして頂ければ簡単に終わります。

サブコンテンツ