人妻と会う際の会話のやり方 基本は聞きに徹するだけで良い

125 _1

人妻と会う際の服装人妻と会う場所は喫茶店が最適、という情報は分かりました。

ただ、最も重要なことは「会話の内容」です。

ナンパ師ならまだしも普通の人は話の内容に困ることが多いですが、実際のところはそれほど気にしなくてもOKです。

 

基本は聞きに徹するだけで良い

いつの時代でもどの年代を相手にするにしろ、話の内容が面白い人はモテます。

口下手な人は口八丁な人に比べると不利になることが一般的です。

ただ、人妻を相手にする場合は、自分が話し上手であることはあまり問われません。

例えば、今からギャルを引っかけに行くのであれば、無口な男性は圧倒的に不利です。若い娘はノリが良くて面白い人を好みます。

しかし、今回の我々のターゲットは「人妻」です。

人妻との会話も、こちらが楽しい話題をドンドン提供して盛り上げれれば良いことに変わりはありませんが、

基本的には相手の話をしっかりと聞くことがより大事です。

 

不倫をしようとする人妻は日々の生活の中に不満を持っている人がほとんどです。

夫の不満、子育ての悩みなどを聞いてもらいたい、という思いが強いです。

人妻と会う際は基本的にそれらを聞いてあげるだけでOKです。

 

導入はこちらがリードし相手が慣れたきたら聞きに移る

聞きに徹する、とは言えども最初はこちらから会話を振ります。

相手は緊張していることが多いので、挨拶から始めて、

  • 軽く自己紹介
  • 軽い世間話
  • 軽く相手のことを聞く
  • 自分のことを話す
  • 相手のことを聞く

というような流れで、少しずつお互いのことが分かるような流れで話を持っていきます。

ある程度話していると、相手も、

「この人は信頼できる」

と感じ出します。

そうなると、後は相手が勝手に喋ってくれるため、相槌をうっていればOKです。

無口な人は人妻との会話は辛いと感じるかも知れませんが、基本的に最初だけ頑張れば後は何とでもなります。

聞く側のときは、とにかく一生懸命真剣に聞くことが大事です。

間違ってもながらで適当に聞くのではなく、しっかりと耳を傾け、話の途中で適宜相打ちを打っていきます。

話をきちんと聞けば相手も乗り気になってきて、どんどん話してくれますしそれに比例して信頼度も上がっていきます。

 

ある程度相手が満足してきた、と感じたら、すこ~しずつエロ方面に持って行きます。

「○○さん、とてもお綺麗ですよね。色々な男性に声かけられるんじゃないでしょうか?」

「そんなことないですよ~」

「いえいえ、絶対お誘いが多いでしょう。最近、どなたかと会われましたか?」

みたいな感じで少しずつ、性生活事情を探っていきます(事前のメールでこのあたりの話をしている場合は不要です)。

エロトークはいきなりド直球を投げるのはNGです。時間をかけてそういった話題に持っていき、

「…ところで、今日はどうですか?」

みたいな感じで核心に触れていきます。

ここまでくれば、断られることはありませんので、後はラブホテルへと向かうだけです。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ