夫が単身赴任中に婚外恋愛!謎が多い男性Tさんの虜になってしまった

婚外恋愛が良いことだとは思っていません。でも「つい」隙が生まれてしまう瞬間は、誰にでもあるのではないかと私は感じています。

私は夫の単身赴任が始まった時に、パート先の男性と婚外恋愛の関係に陥ってしまいました。

夫に何か不満があったわけではないのです。夫の監視の目がなくなった途端、気が緩んでしまったのが原因でしょう。

 

お相手の男性、Tさんは素敵だけどとても謎が多い人。そんな彼の虜になってしまったのですが、急遽、夫の単身赴任が終わってしまい…。泣く泣くTさんとの別れを迎えました。

今でも思い出すと正直ツラい気持ちになります。でも、婚外恋愛をしている女性の何か参考になればと思い、エピソードを話す決意をしました。

私とTさんの婚外恋愛について、最初から最後まで正直にお話します。

 

夫が単身赴任に!その隙にパート先の男性といい感じに

私はこれまでに浮気や不倫をしたことはなく、いつもお付き合いをした相手一筋でした。そんな私がまさか婚外恋愛をしてしまうなんて、本当、今でも信じられません。

きっかけは突然決まった夫の単身赴任です。国内なら私もついて行くつもりでしたが、赴任先はなんと海外。期間ははっきりと決まっていませんでしたが、長くても1年半だったので、私と夫は別々で生活をしていくことに決めました。

 

初めは夫がいない生活が寂しいと感じていましたが、久しぶりの1人の時間を満喫できるのが嬉しくもあって。

年甲斐もなく夜更かしをしたり、1人で映画を観に行ったりもしていました。

 

私は小さな工場でパートとして働いていたのですが、そこへ新しく1人の男性Tさんが入社してきたのです。歳は私より7歳上。研修ということで、1ヶ月は私のいる現場で作業をすることになり、私が色々と指導することになりました。

初めは仕事の話ぐらいしかしなかったのですが、1週間ほど経つとTさんも作業に慣れてきて、プライベートな話もするようになってきたんです。

 

Tさんは2人の子供を持つパパなのですが、とある理由(詳細は教えてくれませんでした)から転職を決意。奥さんは12歳も下で、2人の子供はその奥さんとの子供ではなく、Tさんの前の奥さんとの子供らしいのです。

 

「なんだか複雑な家庭環境だし、ミステリアスな雰囲気だなぁ」というのが、Tさんに対する初めの印象でした。

さらっと家庭について話はしてくれましたが、何があったかとか詳しくは全然話してくれないのです。謎多き男性、って感じ。

 

でも、なんだか「その謎を暴きたい!」って思ってしまって。理由は分からないのですが、直感的なものでしょうか。Tさんともっと仲良くなりたいと感じたんですよね。

とは言えお互い既婚者ですし、社内で怪しい行動をするわけにはいきません。なので、Tさんが研修中の1ヶ月は特に進展はありませんでした。

 

しかし研修最後の日に事件は起こったのです。

 

気がつけば謎が多いTさんに惹かれ婚外恋愛へ発展

明日から違う部署に正式配属、というところで、Tさんから「1ヶ月のお礼をしたい」と食事に誘われました。

既婚者同士が食事するとなると、見方によっては不倫です。Tさんと仲良くなりたい気持ちは正直ありましたが、夫を裏切るような行為もしたくなくて…。

 

でも、ここでふとあることに気がつきました。

夫は今、単身赴任中で遠い海外にいます。ということは、知り合いにさえ見つからなければ、不倫と思われることはないのでは、と。

 

そこで私は、「他の人に見られると勘違いされるかもしれないので、私の自宅なら構いませんよ」とTさんに提案しました。

家に出入りする姿さえ見られなければ、誰かにTさんといるところを目撃されることもありません。

Tさんは、「それもそうだね。じゃあ料理は僕が作るから」と同意してくれたので、私の自宅での食事会が決定しました。

 

この気の緩みが、まさか婚外恋愛に発展するなんて、その時の私は全く予想していなかったのです。

 

2人きりの食事会はとても楽しいものでした。Tさんは料理がシェフ並みに上手くて!こんなに美味しい手料理を食べたのは初めてでした。

もちろん、どうやって料理の腕を磨いたのかは教えてくれませんでしたよ(笑)

 

その日は次の日が休日ということもあって、朝まで飲み明かし、Tさんと色々な話をしました。と言っても、Tさんは自分のことを詳しく話さないので、どうでもいい話ばかりでしたが。

でも、そんなたわいもない話が面白くて、もっとTさんと話したいと思うようになりました。

 

そこから週末になるとTさんは私の家に遊びに来るようになったんです。奥さんに怪しまれていないか心配でしたが、「気にしなくて大丈夫」の一点張り。本当、謎です(笑)

 

ある時、酔った勢いで私はTさんに、「ねぇ、私たちって一体どんな関係?友達にしては会う頻度が高くないかな」と聞いてみました。

するとTさんは「僕は君のことが好きだよ。もし君も同じ気持ちなら、それは婚外恋愛ということになるんじゃないかな」と言われたのです。

 

私は深く考える必要もありませんでした。だって、特別な感情がなければ、毎週夫以外の男性と会うなんてことはしませんから。

この日から、私とTさんの婚外恋愛はスタートしたのです。

 

セックスなしのプラトニックな関係をキープ

婚外恋愛をスタートした私とTさんですが、セックスなしのプラトニックな関係をキープしていました。

会うのは毎回私の自宅だったので、しようと思えばいつでもできる環境です。でも、抱き合って眠ることはあっても、セックスは1度もしませんでした。

なんというか、私はTさんの体を求めているのではなくて、心が欲しいのです。ですから、セックスなんかしなくてもじゅうぶん幸せでしたし、したいとも思いません。

 

だからと言ってお互い好きな感情がなかったわけではないですよ。

「好き」「愛している」はよく囁きあっていましたし、多少の嫉妬もありました。

 

「プラトニックな関係でいよう」と言ったわけではないのですが、自然とそういう付き合い方になっていましたね。

「この関係がずっと続けばいいのに」

そう思っていましたが、とうとう私たちの関係は終わりを迎えることになったのです。

 

夫の単身赴任が終わると同時に婚外恋愛は終了

当初、夫の単身赴任は1年半と言われていたのですが、急遽あと1ヶ月で終了ということになったのです。

 

正直、夫が日本にいる状態でTさんと婚外恋愛を上手くやる自身はありませんでした。

Tさんを失うのは悲しいことですが、だからと言ってTさんと結婚をするのは現実的ではありません。

 

私たちの関係は「プラトニックな婚外恋愛」ですが、夫からすればただの不倫です。バレたら即離婚となるでしょう。

それを避けるために私は、「夫が帰ってくることになったので、婚外恋愛を終わりにしたい」とTさんに伝えました。

Tさんは「分かった」の一言だけで、他には何も言わず。

 

その日から連絡は一切取らず、職場でばったり会っても会話をすることはなくなりました。

こうしてあっけなく、私たちの婚外恋愛は幕を閉じたのです。

 

まとめ

今でも、Tさんとの甘いひと時を思い出すと、「戻りたいな」と感じてしまうことはあります。

でも、もし私が夫と離婚したとしても、Tさんは私のものにはならないような気がするのです。

あくまでも勘ですが、数ヶ月という短い時間だったからこそ、私たちの関係は保たれていたのではないかと感じています。人妻の出会いも様々です。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ