婚外恋愛を夫婦でしている私たちを皆さんはどう思いますか?

「婚外恋愛」と聞いて、あなたは何を想像しますか?

 

おそらくほとんどの人が、妻か夫のどちらかが婚外恋愛に陥る姿を思い浮かべるでしょう。

 

ところが私たちの場合はそうではないのです。

なぜなら私も夫も、どちらも婚外恋愛をしているのですから。

 

つまり、お互いの婚外恋愛を認め合っている、ということ。

 

「そんなのあり得ない!」

多くの人がそう考えるでしょうが、私たちにとってはあり得る行為。

 

普通の道から外れてしまっている私たち夫婦の婚外恋愛のエピソードを、あなたは最後まで読み切ることができるでしょうか?

 

婚外恋愛のお相手との出会いは出会い系サイト

私と夫は結婚して今年でちょうど10年になります。

お互い愛し合ってはいますが、10年も一緒にいると夜の営みにも飽きが出てくるもの。

 

2人とも同い年。23歳の時に結婚をしたので、結婚生活10年目でもまだまだ現役です。

セックス自体は週に数回したいと思うのですが、どうも相手を異性として見られず、行為がない日々が1年以上続いていました。

 

ある時、どうしても性欲が抑えられなくなってしまった私は、ついに「出会い系サイト」へ手を出してしまったのです。

使ったのは不倫SNSサイト人妻出会いで有名なpcmaxでした。

 

初めは夫に対する罪悪感でいっぱいだったのですが…。

出会い系サイトの中には、私と同じようにパートナーとは別の恋人を探している人がたくさんいました。

 

「悩んでいるのは私だけではないんだ」

そう思ったら、夫への罪悪感も徐々に薄れていってしまったのです。

 

出会い系サイトの利用からしばらく経って、隣町に済む男性と仲良くなりました。

その彼は高校教師をしている、私より1つ歳上の男性。写真で見る限りは、私の好みにぴったりな男性だったので、思い切って一度会ってみることに決めたのです。

 

夫の浮気が発覚!それがきっかけで彼と婚外恋愛に

彼と初めて会ったのは、隣町にある古びたバー。さすがに自分の住んでいる地域で会うのは怖かったので…。隣町なら知り合いに会う確率も低いかな、と思ってそのお店をチョイスしました。

 

写真で見た通り、彼は私好みのさわやかな好青年タイプ。笑顔が素敵でどんな話も面白おかしく喋ってくれ、「もっと彼と話したい」と欲が出てしまいました。

 

バーなのでお互いお酒が入っていましたが、その日のセックスはなし。

お互いタクシーで帰宅することにしましたが、

「また会いましょう」

と約束して帰宅をしました。

 

それからというもの、私と彼は頻繁にメールのやり取りをするようになり、月に2〜3回は食事をするようになったのです。

 

大きな進展はありませんでしたが、彼に対する「好意」にははっきり気が付いていました。

「このまま彼と婚外恋愛できたらいいな」

と思っていた矢先に、ある事件が起きたのです。

 

それは「夫の浮気」。

夫はものすごく反省していました。でも私のことも愛しているけど、浮気相手と別れることもしたくない、だそう。

 

自分も浮気をしているとは言え、やはりショックは大きかったです。

離婚をすることも考えましたが、だからと言って、出会い系サイトで知り合った彼と結婚するのは難しいでしょう。

 

そこで私は夫に、

「あなたも自由にしていいから、私にも自由をください」

とお願いしたのです。

 

それはつまり、離婚はしないけどお互い浮気をしていても、文句を言い合わないということ。

私自身も夫を愛しながら他の人を求めていたのですから、こういう形に収まるのが一番良い方法ではないかと思ったのです。

 

これに夫も同意してくれたので、私たち夫婦は結婚をしながら、他の人との恋愛を楽しむ道を進むことになりました。

 

それが決まってすぐに、私は浮気相手の彼と会う約束をし、全てを洗いざらい話したのです。

 

すると彼は、

「じゃあ僕たちもそういう関係になろうか」

と言ってくれたので、私たちの婚外恋愛はスタートしました。

 

悲しみを紛らわすような切ないセックスに溺れる

実は彼も離婚を考えていないのですが、今の奥さんとあまり上手くいっていないらしいのです。

子供ができてからパパとしての存在感はあるけれど、夫としての必要性がないように思えてきた、と言っていました。

 

お互い、心に何らかの「闇」を抱えるもの同士。

私たちは月に1〜2回ぐらいセックスをしますが、いつもその傷を舐め合うようなセックスをしています。

 

行為の最中だけはお互い望むものを全て捧げるので、何を求められても拒否はしません。

例えそれが、責めるようなセックスだったとしても。

 

快感を味わっている間は、嫌なことも日常生活も全て忘れられます。

 

1人の人を愛することができない私と、妻に求められない彼。

その悲しみを紛らわすようなセックスは、中毒性さえ感じさせるほど甘く、忘れられないものでした。

 

相手が変わっても婚外恋愛は続けていく

彼とは今でも関係が続いていますが、それが永遠でないことぐらいは私にも分かります。

 

もし彼との関係が終わったとしても、私はまた別の人と婚外恋愛を続けていくでしょう。

 

なぜなら、夫が浮気をしていないかどうか、確かめる術がないからです。

 

私は初め、夫の浮気に全く気がついていませんでした。

たまたま知り合いの人から、夫が別の女性とホテルに入るのを目撃した、という情報を聞き入れたから発覚しただけです。

 

それはつまり、自分で夫のことを尾行したり探偵を雇ったりしなければ、浮気のシッポを掴めないということ。

それだけ夫は浮気の事実を隠すことに長けているのです。

 

私は自分が婚外恋愛をしていないのに、夫だけが浮気をしているのは許せません。

やめるなら2人同時に、と思っています。

 

けれど、「浮気していない」と夫に言われたところで私はそれを信じられませんから、婚外恋愛をするのをやめられないのです。

 

婚外恋愛をするきっかけは性欲の解消でしたが、今ではこのようにただの意地の張り合いになっている気がします。

 

「あなただけズルイ」

このような気持ちが私の中からなくならない限り、婚外恋愛をやめることはできそうにありません。

 

いくら容認し合っているとは言え、褒められた行為ではないですよね。

もしも今の夫ではなく別の男性と結婚していたら、婚外恋愛なんかに手を出さずに済んだのかな、と時々考えてしまいます。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ