女性とのパーソナルスペースを意識 触ったり顔が近いと嫌われる

153_1

40・50代は女性と接する際の距離感に注意しましょう。

人には他人に近付かれると不快に感じる空間(パーソナルエリア)がありますが、常に意識して行動しなければ知らず知らずのうちに嫌われている可能性があります。

 

話すときに顔が極端に近いのはNG

100人に聞いたところ、99人がNGと言った内容です。

女性と会話する際は顔が近いと相手は嫌がります。

  • 顔が近づいてくると思わず息を止めてしまう
  • 遠めで作りがよく見えても間近で見るとやはりおっさんに見える

これは、中年特有というわけではなく、どの年齢層の男性が行っても嫌がられます。

例えば、20歳の男性が同じ事をしても女性は不快に感じます。

また、たとえその場で言われなくても、影で噂されるなどロクな印象を与えません。

顔を近づけて話すのが許されるのは、若いイケメンか付き合っている人同士くらいです。

 

体に触れる動作はNG

近づくだけでも拒否反応が出るのですから、実際に触れる動作はもっと嫌がられます。

  • 手を繋ごうとする
  • 頭をポンポンと触ってくる
  • ハグしてくる
  • 壁まで追い込み、手をドンと突いてくる

やっていないようで意外とやってしまう行動ですが、評価をかなり下げるのでやってはいけません。

 

紳士にゆっくりと親しくなることがコツ

40・50代は若い男性に比べるといきなり距離を詰める戦法は向いていません。

よって、いきなりベタベタするのではなく、会話の内容や雰囲気で相手を惹きつけた方が有利ですし、それが中高年の武器でもあります。

当然、年齢に応じた話し方を選ぶ必要があります。

  • 微妙な言葉使いは避ける
  • 昔の自慢話はしない
  • 相手を下に見るような言動はしない
  • 相手の事を根掘り葉掘り聞かない
  • ダジャレを多用しない

上記は十分に親しくなっていない相手に対しては失礼に当たります。

物理的なパーソナルスペースと同様に、会話にもステップがあります。

最初は紳士に接して、少しずつ親密になっていくことがポイントです。

 

なお、上記は若い女性だと傾向が顕著ですが、本サイトでオススメする人妻は多少寛容です。

多少の言動は大目に見てくれるので、気軽にお付き合いしたいならやはり人妻に限ります。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ