SNS・出会い系サイト 会わなくても言動だけでブサイクさが増す

158_1

ネット上で出会いや交流のきっかけを作るSNS・出会い系サイト

手軽にできるため気軽に女性にアプローチする人が多いですが、よく考えて行動しないと気持ち悪がられる原因になります。

 

直接会わなくても痛い言動でブサイクさが増してしまう

最近流行のSNS

ツイッター、Facebook、mixi、LINE、KAKAOトークなど色々なものがありますが、ここでも注意して利用しないと、40・50代のブサイクさを増してしまうことがあります。

女性からの意見で最も多かったものは、以下のものでした。

「サイトで見つけた女性にすぐに友達申請する」

例えば、mixiなどのコミュニティから女性に足あとをつけて、そのまますぐに友達申請する男性

これは、女性からするとかなり警戒され、まず承認されることはありません。

 

また、リアルで会った夜などにすぐに申請する人もいますが、これも嫌がられ事が多いです。

あった際に、お互いがFacebookをやっていることを話した上で「申請するから承認お願いしますね」と言い、快く了承を得ている場合は良いですが、そうでもない場合は注意が必要です。

女性はSNSで友達登録することにかなり慎重です

SNSでは自分のプライベートな情報を広く記述しますので、それを見せてよい人は限られます。

特に女性はストーカー被害などを気にするので、余計に警戒します。

それに対してポンポン登録申請を送ると「やっぱり来たな…」とゲンナリされてしまいます。

これは年齢問わず、結構な男性がやってしまっています。若い男性でも嫌がられますので、いわんや中高年がやるとガツンと評価が落ちます。

電話番号やメールアドレスに比べると気軽に聞いて良いように思われますが、抵抗があることに変わりはないので要注意です。

基本的には外であって良く知る仲になった後に、許可を貰った上で申請しましょう。

 

写真の撮り方は注意

SNSや出会い系サイトに載せる写真ですが、これはかなり良いものを載せるようにしましょう。

「Facebookを開くと、またブサイクな顔が出てきたとテンションが下がる」

という辛辣な意見もあります。しっかりと整えた後に撮影するようにしましょう。

また、上手に撮るコツとしてできるだけ自撮り(スマートフォンなどで自分で撮ること)ではなく第三者に撮ってもらう方法があります。

 

友達になっても細目なPRは危険

たとえ友達になっても、アプローチのし過ぎは注意が必要です。

例えば、毎日のようにサイト内で

  • おはようメール
  • 近況報告/うかがいメール

を送る人がいますが、これはかなり嫌がられます。

女性は多数の人とやり取りをしていますし、そもそもそれほどマメな性格ではない女性もたくさんいます。

それにも関わらず毎日のようにメールを送り、返事がこない事を咎めるようなことをすると…

あっという間に拒否設定されます。

女性は馴れ馴れしい人、しつこい人を嫌いますので、たとえSNS・出会い系サイト上でも慎重に行動しましょう。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ