イケメン患者の看護をしたナースが退院後に得たものは…?

596_3

私は整形病院で看護師をしている32歳。既婚です。

小学生の娘が一人、夫と私の母親との4人暮らしをしています。

 

看護師の仕事は夜勤もあるのでその間は母が娘の面倒を見てくれているのでとても助かっています。

父が他界してから母と同居するようになって私はとても楽になったけど夫は少し肩身の狭い思いをしているかもしれません。

でも温厚な人で私の仕事にも理解があるので今のところ家族円満で生活に不満はありません。

 

それなのに・・・

私は夫を裏切ってしまったんです。

 

続いていた夫とのセックスレス

母や子供がいるせいか夫とのセックスレスがもう何年も続いてそのせいもあったのかもしれません・・・。

女性にも「欲求不満」みたいなものがあったなんて自分でも内心驚いています。

 

患者さんの中にはいろんな人がいますが時々すごく母性本能をくすぐられてしまう男の人がいるんです。

この仕事をしている人はたいがいそういう部分を持っていると思うのですが、私は特に年下の男性や恥ずかしがりの男性を見るとすぐに惹かれてしまいます。

 

彼との出会いもそんなひとコマから始まりました。

 

骨折をした彼が救急車で運ばれて来て入院してからリハビリを終えるまでの約3ヶ月間、私は彼の担当ナースになりました。

 

彼は27歳。 私より5つ下です。

 

初めて顔を合わせて挨拶をした瞬間、耳まで赤くなった彼のシャイなところに私は少しドキッとしてしまいました。そういう男性はたくさんいますが多分私の好みのタイプなんだと思います。

 

これから彼のお世話ができると思うと「ラッキー!」とつい心の中で叫んでいる私がいました。

もちろん他の患者さんと区別はしません。当然顔に出さずに自然に振舞っていました。

 

でもナースの間ではけっこう患者さんの話題が出るんですよね。

彼はなかなかのイケメンで私たちの間でも人気がありました。やっぱりどこか母性本能をくすぐるタイプだったのでしょう。

 

周りが私に「いいな~」と言うのですが私は「そう?別に他の患者さんと変わらないわよ」と笑ってごまかしていました。

 

 

 

ナースとして接する日々

596_1

彼は排泄の時、とても恥ずかしがって「あ、自分で・・・」って言うのだけど片足を吊られていてとてもできるはずがありませんでした。

 

「いいんですよ~。気にしないでくださいね。」

私はそう言って恥ずかしがる彼の排泄のお世話をできるだけさっさとしてあげるようにしました。

もちろん仕事ですから私も事務的に済ませていましたがあまりにも彼が赤くなるのでだんだんこちらも意識してしまうようになっていました。

 

そのうちに彼が打ち解けてくれて会話もはずむようになり・・・

彼が同じ高校の出身だという事がわかってお互いになおさら親しみが沸いてきたんです。

 

そんな中で彼が最近失恋してしまった事まで話してくれ、私は院内ではあまり時間がないからと彼に携帯のアドレスを教えたりしました。

 

普通はそんな事をしてはいけないのですが私の中に彼ともっと親しくなりたい気持ちがあったのだと思います。

 

私がお休みの日は他のナースが彼のお世話をします。

変な話ですが彼が私以外のナースに排泄の処理をしてもらってる姿を想像するのがとてもイヤでした。きっと彼が私を頼ってくれればくれるほど私は彼を独り占めしたくなっていったのだと思います。

 

そして私が休みの日に彼からメールが来ました。

 

そこには私の顔が見えない日はなんとなく寂しいです、そう書かれてあって私は嬉しくて弾む気持ちが抑えられなくなっていました。

 

彼に「私もだよ」と書いて送るとすぐに返信が来ました。

 

入院中って何もする事がないし自由に動けないしでこういうメールのやり取りはすごく気が紛れて彼も嬉しかったみたいです。

 

メールを交わした後彼は前より一層照れていましたが私の方からこっそり「お休みの日はまたメールしようね。元カノのグチ聞くから。」と彼に告げると子供みたいにニコッと笑って頷いていました。

 

退院後、彼の方からメールが来なければ私たちはこうなってなかったと思います。私は自分からはメールしてはいけないってわかっていましたから・・・。

 

 

 

看護のお礼は…

596_2

彼からメールが来たのは退院した次の日でした。

「お世話になってお礼がしたい」というような内容でした。

 

それから数日後私は家族には遅番だからと嘘を言って彼と一緒に食事をし、退院を祝って祝杯をあげました。

 

私の中にはその日を過ぎたらもう彼とは会えなくなる、そんな思いがあって彼を引き止めたい気持ちでいっぱいだったのです。

 

彼が一人暮らしをしている部屋を見てみたい、そう言って押しかけたのもそんな気持ちからだったと思います。

 

私たちは彼の部屋でまた少し飲んでそれからなんとなくそういう雰囲気になって気がついたら抱き合っていました。

 

キスを交わした後、私の方から彼に「してあげる」って言ったのは彼がまだ骨折したばかりだったからという気遣いからでした。

恥ずかしそうに、でもすごく感じている彼を見ていたら私もしたくてたまらなくなって・・・

 

彼女と別れてから久しぶりだったみたいで私が口でしてあげると彼はすぐにイってしまいそうだったので途中から私が彼の上になって愛し合いました。

 

夫とのセックスでも私は自分が積極的になる事はあまりなかったのですが彼とのセックスではいつのまにか私が誘導していました。

 

少年みたいに顔を背けて恥ずかしがっている彼をまるで私が犯しているような錯覚になったりもしました。

 

「ごめんなさい。こういうのイヤだった?」

って聞くと彼が

「ううん!すごく嬉しかったし感じちゃった・・」

「でもオレばかり感じて・・物足りなかったんじゃない?」

と言ってくれたので

「じゃぁ今度は指でイかせて」

とおねだりしちゃいました。

 

すると彼が指先と口で私の一番感じるところを愛してくれたのです。

彼の慣れてないような雰囲気の愛し方が逆にすごく気持ち良くて私は今までにないくらい激しい絶頂感でイく事ができました。

 

彼の部屋を片付けて私は深夜家に帰りました。

夫や娘の寝顔を見たら強い罪悪感に襲われましたが彼とのセックスが忘れられません・・・。

 

あれから彼からメールが来なくて私はまた悶々とした日々を送っています。

また他の患者さんに誘われたらついていってしまいそうな自分が怖いです。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ