出会い系サイトでの不倫関係を清算した話

805

数ヶ月前、つらい別れがありました。不倫の関係を清算したのです。

 

私は50代半ば、既婚で二人の息子がいます。

長男は結婚して所帯を持ったので現在は夫と高校生の息子との3人暮らしをしています。

 

彼は39歳。出会い系サイトで知り合った男性です。

セックスレスの不満がつのり、出来心で登録したサイトで恋愛相談に乗っていた彼とこうなってしまったのは私の心に大きな隙があったからだって自分でもわかっています。

 

彼は遠い故郷を離れ東京で一人暮らししながら自分で商売をしているガッツのある青年でした。趣味も広く夢や目標を持ち、休みの日には友達とアウトドアで遊びまくってるようなやんちゃな少年みたいなところのある人でした。

ただ、男子校だったり硬派だった事から女性とうまくつきあえないというような悩みを抱えていました。サイトで彼の投稿を見て私が返信したのが出会いのキッカケとなったのです。

 

初めは彼の女性不審に対する私の意見を書いていました。

その中でちょっと気になってる女性がいると言うので私は彼を応援しようと思っていたのですが、相手はただよくいくお店の店員で50過ぎの女性だと言うのです。ほとんど会話を交わしたこともない、そんな人に本気で告白しようとしている彼に私は逆に「止めた方がいい」って言いました。

だっておそらく相手は既婚。不信感を持たれるに違いないって心配したからです。向うが彼に気があるようならうまくつきあえるかもしれませんが話を聞いているとそうでもなさそうだったので・・・。

 

そして彼は見事にその女性に嫌われてしまいました。

メッセージを書いて渡したら次から彼を避けるようになってしまったと。

そんな事から私が彼を慰めているうちに彼の方から一度会ってみたいと言ってきたのです。私の中では彼はただのメル友でしたし、メールを交わしていても変な気がまったく感じられない雰囲気だったので逆に深く考えずに彼に逢う決心ができました。

 

ちょうどその頃東京に友達に会いに行く予定ができたので私はそのついでに彼と待ち合わせをする事にしました。

 

 

ところが・・彼と会った瞬間に私は彼に強く惹かれてしまったのです。

駅で会うのに顔がわからないとモタモタするからと私たちは会う直前に写メ交換をしていました。

でも実際駅で私を待っていた彼の姿はとても凛々しくて写真のそれとは大きく違っていたのです。

精悍な顔立ち、スポーツで引き締まったガッチリした体、真っ白い歯を見せて大きく笑った笑顔。すべて夫や息子たちにはないものでした。

彼は私が今まで出会った事のないタイプでその事も私の心に大きな影響を及ぼしたのでしょう。彼と一緒にいる間私は日頃の事を離れてすっかり若い頃に戻った気分でデートを楽しんだのです。

 

彼はその外見と違い中身はすごく繊細な人でした。

綺麗な景色を見たり動物をこよなく可愛がったりと本当に子供みたいな心の持ち主で、メールしていてもそんな彼の事をとても好ましく思っていました。でも実際に逢うまではまさか男と女としつきあう事になるなんて考えてもみなかったのです。

 

その日は彼とご飯を食べてデパートをブラブラしたりして話しながらたくさん歩いてたくさん会話を交わしました。

もう前の女性の事などなかったかのように会話にはほとんど出てきませんでした。その時はただただお互いの事を知りたくて二人の心が向き合っていたのだと思います。そして「また会おうね」と約束して別れました。

 

帰ってから彼とはまた前のようにメール交換が続き、仕事で忙しかったり休みが合わなかったりでしばらくは会う約束はできませんでしたが確実に私たちの気持ちは前よりも近づいていました。

 

そして彼から「好きです」とメールで告白され、私はなんて返事をしたら良いのか、この先に何が待ち受けているのか恐くて返事を濁していたのです。でもまた彼に逢いたい気持ちは私の中でだんだん大きくなっていきました。ただ心配だったのは彼が独身で純粋な人だったから・・適当な気持ちで逢ってはいけないって思っていたのです。

 

そんなある日ふたたび彼と逢える時がやってきたのです。

その日は夫が泊まりの出張で私も彼も仕事がお休みという滅多にないチャンスでした。

 

ずるい考えだけど私は家庭を壊す気はもちろんなく、そのくせ彼を手放したくなかったのです。

「遊びの相手」だとか「セックスフレンド」が欲しいわけでもない、ただ「恋をしたい」気持ちがどこかにあったのでしょう。

 

 

彼に再び逢った時私は彼に確認しました。結婚願望があるのかと。

私も彼を好きだと言ってしまったらこの人は私の家庭を脅かす人になるのだろうか・・。そんな不安があったからです。

私の気持ちを察したのか彼はこう答えました。

「自分はわがままで子供だから結婚や父親になる事は考えてないし家庭に束縛されるのもイヤだ」

そして私の事はもう家庭を持ってるのを承知で好きになったんだからそれを壊す気はないと言うのです。

私は少し安心して彼に本心を打ち明けました。初めて逢った時から惹かれていた事、そしてまた逢いたいって思ってること。

 

そして私たちはお互いの気持ちを確かめあい、その日は駅でキスをしてお別れしました。

後からメールで彼は女性をホテルに誘う勇気がないって言い、今度逢った時ホテルに誘ってもいいかな?って聞いてきました。

私はそんな彼の純情で正直なところがますます好きになっていました。

 

私たちが心も体も結ばれたのはそれから数ヵ月後です。

彼は大切な記念日だからと、高い部屋を選び私の事をとても大切に愛してくれました。

彼はキスが大好きで私の唾液を吸い尽くしたい、唇の中を全部舐めまわしたいよ、と言って長い長いディープキスをしてくるんです。

彼にキスされている間私の体はもう彼が欲しくてたまらなくなっていました。

じらすつもりなんてないのだろうけど私は彼が私の中に入ってくるまでに長いキスのせいで充分過ぎるくらい濡れてしまっていました。

彼は結ばれている間中私の名前を何度も呼ぶんです。それは本当に私を愛してくれてるからだって思いました。

 

実際彼は私との将来をよく語ってくれました。歳をとって体が動かなくなったらちゃんと介護してあげる、とも言ってくれたのです。

結婚とかじゃなくてももしもお互いに歳をとって独りだったら一緒に暮らそうって言ってくれました。

でも、私は今でも50過ぎているのに彼との未来は私には残酷な映像しか写らなかったのです。

 

彼とはそれから2年近くつきあいましたが私の事だけを見ていてくれる彼に対して私の後ろにはいつでも「家庭」や「家族」がある事にお互い気づいてしまい・・・

私たちは別れを決心しました。

 

その彼から2ヶ月たった今またメールが来ています。返信しようか私は今とても迷っています。