夫のDV(暴力)と浮気で離婚したバツイチ女性の出会い系サイトでの恋の結末

896

私は32歳のバツイチ女性、離婚したのはつい最近で今は子供と実家に戻って生活しています。

離婚の原因は夫のDVと浮気でした。夫は経営する商売がうまくいかなくなってからだんだん深酒をするようになりクセが悪い事を指摘すると手をあげるようになっていました。

私だけならまだ我慢もできたのですが子供にまで手をあげ始めた時はもうダメだと思っていました。

 

決定的となったのは夫の浮気が発覚した時ですが、実はその時私も不倫をしていたのです。

もちろんその事は夫には秘密のままです。

それが知られていたら夫と別れる事はできなかったかもしれません。

 

夫がDVをするようになってまだ小さい息子にまで手をあげるようになった時、私はもう精神的にかなり追いつめられていました。

その頃から私は出会い系のサイトで男性と逢ってホテルで数時間を過ごしたりして現実逃避を繰り返していました。

最初は誰でも良かったんです。嫌な事を忘れさせてくれれば・・。

 

サイトで少しメールを交わして逢う約束をして、一度逢ったらもう逢わない・・

そう決めていました。割り切っていないと夫にばれてしまいそうだったからです。

 

でもそんな中で本当に好きだと思える人に出逢ってしまったのです。

その彼、Tさんも既婚者で夫婦仲があまりよくなく「仮面夫婦なんだ」って話していました。

それまでの人には心を許すまでにはなれず夫のDVの事は話せませんでしたが彼にはなぜかなんでも話せたんです。

その事を打ち明けた時から彼には急速に惹かれていき、逢ってみてなおさら夢中になりました。

顔や雰囲気が好みのタイプだった事もその理由のひとつかもしれません。

夫とはそれなりにセックスもしていましたが暴力を受けてから拒否するようになっていました。

一度でも手をあげられると女はトラウマになってしまうのです。

いつ豹変して暴力されるかと・・

ビクビクしてしまい抱かれていても感じる事なんてもうありませんでした。

 

私が拒むようになってから夫もだんだん求めてこなくなり内心ホッとしていましたが後から思えば夫が浮気していたのもその頃からだったのでしょう。

私を求めてこなくなったし携帯を開く時に不自然さを感じていました。

それでも私は夫の関心が自分からそれた事でどこか安堵していたのです。

 

 

完全に浮気が発覚した事件は私が息子と一緒に実家に泊まる予定で家を空けていた日のことでした。

実家で夕食を済ませた私は翌朝早くに町内の用事があるのを思い出し急遽家に戻りました。

 

すると玄関に見知らぬ女物の靴が置かれていて中はシーンと静まり返っていました。「女がいる!」そんな胸騒ぎがして私は息子を外に待たせそっと家の中に入っていきました。

予感は的中しました。信じられない事にその夜、夫は浮気相手を家に上げていたのです。

 

修羅場・・

普通ならそうなるのが当然ですが夫とその女性が抱き合っていたのを慌てて隠す様子がわかっても私は変に落ち着いていました。

夫の浮気には薄々気が付いてましたしもちろん自分の事もあったので夫を強く責められない気持ちが私の中にありました。

ただ、それにしても浮気相手を家にあげるなんてあまりにもひどい・・

浮気している事実よりもその事に腹が立ってしょうがありませんでした。

 

その日はその女性も逃げるように家を出て行きましたが私も夫の顔を見るのが嫌で実家に泊まりそれまで隠していたDVの事を両親に話しました。

もちろん両親は「すぐに離婚しなさい。もうこのまま戻らなくていい。」とも言ってくれました。

夫が息子に手をあげた時一度は離婚の意思を夫に伝えたのですが「もうこんな事は絶対にしないから」と謝られそのうち「絶対に別れないから」とまで言われ諦めていました。

でも「今なら別れられる、別れるなら今しかない」そんな思いが胸に突き上げてきて私は決心していました。

 

その頃はTさんと逢うようになって半年近くたっていました。

今の生活に不満があっても夫からDVを受けても、Tさんと逢える楽しみがあるから我慢ができたのです。

浮気している事で少しでも夫にすまない、という気持ち・・

ずるい考えですがそういう引け目を作る事で夫のDVに目をつむろうと思っていたかもしれません。

 

Tさんと逢って体の関係を持った時から私の体はこれまでと違うものになっていました。

彼はセックスがとても強くて3時間ぐらいの間に何度もするんです。

一度萎えてもベッドで話したりキスしたりしているうちにすぐに復活してまた私を求めてくるのです。

奥さんとは不仲でセックスはしていないけど我慢できなくて毎日自分でこっそりしているんだと話していました。

私との事を妄想しながらオナニーをするとすぐイけるんだ、なんて言われて悪い気はしません。

私も彼と逢えない日が続く時は彼に触れられてる事を思い出しながら一人でしたりしてしまう事もありました。

私の体はTさんに出逢ってから狂ったように開花したみたいでした。

 

 

彼に初めて抱かれた日は夜家に帰ってからもまだ彼が私の中にいるような気さえしました。

女性の体ってすごい、自分でもそう思ったのは彼と出逢ってからとても濡れやすくなった事でした。

メールの彼の文字を見ただけで、電話で声を聞いただけで、もう私のそこは濡れているのです。

彼の指先が私のそこをまさぐり、そのうち彼の大きくなった熱いモノが私の中に入ってくるあの瞬間・・

忘れられない刺激的な瞬間を気がつくと私は妄想して体を熱くしていました。

それまで逢った男性たちとは二度逢いたいと思わなかったのにこんなに彼を恋しく思うのは本当に心から好きになったからなのか・・

それとも体の結びつきがあまりにも強いからなのか・・。

その時の私にはわかりませんでした。

 

ただただ、彼と体を求め合い抱き合いたかったのです。

できるなら彼のモノをずっと私の中に入れてそのままでいたい。

それくらい彼とのセックスに夢中になっていました。

 

実家から戻った私はすぐに夫に離婚届を押し付け荷物をまとめてまた実家に引き上げました。

夫の浮気相手は独身の女の子だったので私がいなくなればせいせいとデートする事ができるしもしかしたら一緒になるかもしれません。

それでも、もうどうでもよかった・・。

私も、これで彼と心置きなく逢えるから。

 

でもそんなふうに考えて嬉しく思ったのはつかの間でした。

やっぱり離婚のショックは大きくて実家に帰ってからしばらくは放心状態になってしまったのです。

夫が離婚を承諾してくれて身の周りが落ちつき始めても私はTさんにメールする気がなくなっていました。

「いろいろあって離婚する事になりました」とだけすぐにメールをしておきましたが彼はすごく驚いたのだと思います。

 

少し間があってから

「大丈夫?」

とメールが着ましたが内心自分の事がバレたのではないか、責任をとらなければならないのか、ビクビクものだったかもしれません。

私は

「離婚の原因はあなたじゃない。落ち着いたらメールするから心配しないで」

とだけ返信しましたがそのままTさんにはメールもせずに逢っていません。

そして・・

彼からのメールもそれきりありません。

 

あんなに燃えてあれほど逢いたかったTさんなのに自分でも不思議なのですが離婚して自由の身になったら急激に冷めてしまったのです。

気が狂うほど燃えたのは「不倫」という刺激的な場面の真っ只中に自分がいたからなのでしょうか・・・。

 

今はすっかり落ち着き、またサイトを開き新しい恋を探しています。

けれども心も体もあれほど燃えるような思いをすることはもうできないのかもしれません・・・。

pcmax評判口コミ ハッピーメール評判口コミ
サブコンテンツ